電話番号:0755-23408322

ホーム > ニュース > 業界情報

ビジョンの画質、ピッチにも大切な視認距離

2017-04-07 11:28:39
視認距離について

視認距離とは、「ターゲット(映像を見せたい相手)からLEDビジョン画面までの距離」のことです。
視認距離はビジョンの画質、ピッチにも関係してきます。

ピッチが大きい場合、至近距離では目が粗く画像も粗く見えますが、離れた距離から見ると粗さが目立たなくなり画像も鮮明に見えます。

つまり、視認距離が短い場合はピッチの細かい物を選ぶ必要がありますが、視認距離が離れている場合はピッチの大きいものでも鮮明に見せる事も可能になります。


視認距離.jpeg

視認距離別の設置例

これまで紹介したピクセルピッチ、視認距離のポイントを踏まえ、日本でもLEDビジョンが多数設置されている渋谷駅前の事例をご紹介します。


①シブハチヒットビジョン

渋谷駅前のシブハチヒットビジョンは20ミリピッチと大きめですが、総面積が420㎡と大型で設置場所が9階建てビル屋上とターゲットからの距離が遠い為非常に鮮明に見えます。



②グリコビジョン

同じく渋谷駅前スクランブル交差点のグリコビジョンは総面積約17㎡と一般的なサイズでビル2階の高さと低めの位置の為、ターゲットとの距離が近くなります。そのため6ミリピッチと細かいものを使用しています。


リンク
Copyright @ 2016-2017中潤光電技術株式会社 粤ICP备15104615号-1ソフト時代より技術をサポート
Powered by MetInfo 5.3.14 ©2008-2019 www.metinfo.cn